複数の監視カメラの映像を
クラウドで管理

統合ビデオ管理システム

統合ビデオ管理システム

広域に展開する監視カメラの統一運用を可能にする
アプリケーションサービスです

  • 外部
    アラート
    取り込み
  • システム
    開発不要
  • 必要な
    映像だけ
    送信
  • 低コスト
  • カメラ
    巡回
  • ライブ
    映像表示
  • 録画
    映像表示
  • カスタム
    レイアウト
  • アラート
    通知
  • 必要なデータのみを送ることでモバイル回線でも低価格に映像監視を実現
  • シンプルで堅牢な装置により安定運用
  • 普段の業務を監視カメラで代用し、効率化と人手不足の解消を実現

統合ビデオ管理システムの概要

アラートと紐づいた重要映像を遠隔で取得し、多拠点の統合管理を効率化
統合ビデオ管理システムの利用イメージ
  • ①カメラのデータは現場のゲートウェイ上に常時録画・常時監視
  • ②アラートと紐づいた映像など、必要な情報だけをゲートウェイが伝送
  • ③遠隔地からPCやスマホで閲覧

現場のニーズに応えた3つの特長

①モバイル回線でも低価格に映像監視を実現
  • ローカルデバイスに常時録画し、必要な映像のみをクラウドに送信。
  • データ通信量を削減し、モバイル回線経由でも安価に遠隔から映像閲覧。
②堅牢なオールインワン装置で安定運用
  • カメラへの電源供給・録画・処理・通信の機能を「エッジゲートウェイAG10」が1台で実現
  • SIMの自動切替機能で通信キャリアの障害も克服
  • 瞬停の対策により電源が不安定な野外等でも安定稼働
③普段の業務を監視カメラで代用し、業務効率化と人手不足解消を実現
  • 警備業務や点検業務を自動化する「カメラ巡回」
  • 迅速な非常時対応を実現する「アラート通知」
  • 動きがあった時刻の画像を検索する「動体検知」

警備や設備監視の業務を監視カメラを使って遠隔から実行
業界の人手不足解消に貢献

警備業務や点検業務を自動化する「カメラ巡回」
  • 警備員が行っていた夜間巡回を監視カメラによって代行
  • センター側の一人の監視員で多施設の巡回が可能
警備システムの外部アラート連携で迅速な非常時対応
  • アラートが発生した際に、関連する映像やその場所の現在の映像を自動的に表示
  • アラート報告書への入力を自動的に実施し、報告書作成の手間を削減
  • 1件のアラート対応時間を短縮
動体検知機能で見たい瞬間をすぐに検索
  • すでに録画されている映像に対して、画面の中の一部分を指定
  • 指定された部分に動きがあった時刻の画像を検索(動体検知・モーション検索)
  • 例えばドアが開いた瞬間など、特定の場所に動きがあった場面を探してチェックする調査を効率化
  • 動態検知された場合にアラート通知を行うことも可能

便利な機能を使って簡単に運用可能

多数のカメラを簡単管理・制御(設定・閲覧)
  • ビデオウォールで各カメラのサムネイル映像を一覧表示
  • PTZ制御などカメラに対し、様々な制御が可能
  • カメラ画像の閲覧権限をアカウント事に細かく指定
  • カメラの階層分けや地図上での表示が可能
簡単に運用開始(設置・環境)
  • カメラの機器指定がないため最適なカメラを選択可能
  • モバイル回線の通信費も低容量の廉価なプランでOK
  • モバイル回線利用で有線の敷設工事不要
  • 閲覧端末は、ブラウザが立ち上がる端末(PC/スマートフォン/タブレット)であれば自由に選択可能

本システムと接続する機器とソフトウェアについて

  • 本システムは以下のエッジデバイスと組み合わせることによりご利用いただけます。

エッジゲートウェイ(屋内版)
AG10

エッジゲートウェイ(屋外版)
AG20

  • エッジゲートウェイ側では、VMS(NxWitness)が動作していることが前提となります。
統合ビデオ管理システム説明動画(7分28秒)

動画右下の「全画面」をクリックすると、動画を拡大して再生することができます。

お問い合わせ

関連サービス