フィロソフィ

チャレンジャーへの加速支援

現在、IIoTのプロジェクトを開始するには、多くの「時間」と「コスト」がかかり、運用に向けて専門的な知識と能力が求められます。IIoTを活用し、新たなビジネスやサービスを始めたいにも関わらず、IIoT利用の技術的、手続き的なハードルが高く、チャレンジの芽が摘まれてしまっているのが現状です。

amnimoは多くの面倒な、技術的、手続き的障壁を無くします。
センサの設置からデータの取得と見える化、運用までの必要な機能がAll-in-Oneで含まれたサービスをご提供し、素早くリーズナブルにIIoTのプロジェクトが開始できる環境を整えます。

2年前に始まった、IIoTセンサを安全に接続し、管理し、監視する仕組みを構築する、という私たちのプロジェクトは多くの苦難を経験しました。この苦難の道を、同じ志を持つ皆様が歩まなくても済むように。私たちは自らが作り上げたこの仕組みを皆様にもご活用いただくべく、MaaS(Measurement as a Service)としてサービス化することにしました。

私たち自身、大きな組織から生まれた小さなチャレンジャーです。
だからこそ、大きな組織におけるチャレンジの苦労も、少ないリソースと走りたいスピードとのギャップもよく理解しています。大組織の中の小分子だからこそ得られる情報や技術、リソースへのアクセスも持っています。そんな立ち位置からamnimoは、価値を創造しようとするチャレンジャーの皆様と共に歩み、共に成長していこうと考えています。

人々の行動変容

IIoTプロジェクトは多くの場合、効率化やコストダウンを目的に導入されますが、私たちはその先に、新しい世界を見ています。人々の、個別に見れば利己的な行動が結果的に利他へと繋がり、さらには環境保全や社会環境にも良い影響を与える仕掛けを作り出すことができると信じています。

例えば、EV用の電池を計測し、通信し、制御して、今までより長い寿命で使えることができたら、あとどれくらいの期間使えるかも予測でき、中古市場で新たな価値を生み出せます。結果、寿命までの長い間、そのバッテリーを使い切ることとなり環境への貢献へと繋がっていきます。

amnimoは「測る」ことを原点に、チャレンジャーの皆様と共に価値創造に取り組み、人々の行動変容:Human Behavior Innovationをサポートしていきたい。

近い将来、amnimoはさらにコミュニティ用プラットフォームの拡充をはかり、チャレンジャーの皆様と業種の垣根を越えて有機的につながる環境を整えたいと考えています。人的にも技術的にも様々なイノベーションのタネが繋がることで見えてくる、新たな世界を共に見てみたいと思っています。

完全に新たなる飛躍

未来において、IIoTを活用した仕組みがコミュニティの中の異種なものを幾重にもつなぎ、膨大な数の企業を互いにつなげ、社会のOSとして埋め込まれると考えています。
情報の非対称性が薄れ、世界のあらゆる場所であらゆる人が、それと意識することなくつながり、それぞれに能力を提供しあい、貢献し合い、それを実感できている生き生きとした社会。そんなCollaborative Worldの実現を目指します。